円貨 決済。 【どちらがおすすめ?】円貨決済と外貨決済ではどちらが費用が安く済むか,試してみました.(楽天証券編)

【米国株】円貨決済スタート!キャンペーンも実施中

決済 円貨

(外貨決済のみとなります。

17
必要なドルが足りなかったら、SBI証券でドル転、もしくは住信SBIネット銀行でドル転してSBI証券に入金、をしてその分のドルと配当金、分配金のドルを合わせて、手数料加味した買付額(1注文1111ドル程度)にして、再投資ってする事にはなります。

【SBI証券】米国株・ETF売買時の円貨決済サービス メリット・デメリット

決済 円貨

でも、分配金だけでETF買うのって、相当分配金が出ないと難しいですw なので、一般的には、 分配金+自分の追加入金、という形で追加購入することになるかと思います。 今は106円前後。 容易に為替リスクをヘッジができる 【デメリット】• どっちが良いんだろう?って疑問が出る事があると思いますが、 NISA口座での米国ETF定期購入なら円貨決済、住信SBIネット銀行の口座持っててSBI証券の特定口座での米国株 個別銘柄 、米国ETFを 手動で購入、なら外貨決済で良いかと思います。

また、多くの場合一般口座で取引すると思いますが、確定申告の計算をするときに、円貨決済の方が為替レートで悩まずにすみますがたいした問題ではありません。 SBI証券の口座開設時に特定口座・源泉徴収ありを選ぶと米国株、米国ETFでも確定申告が原則不要です。

SBI証券

決済 円貨

特定口座で手動で買う場合は要検討 特定口座で米国株・米国ETFを手動で買うって場合は、 外貨決済は検討しても良いかと思います。

10
もちろん外貨積立でかなり手間を省くことができるんだけど、外貨積立は銀行のサービスだから、銀行口座から証券口座に資金を移すのは自分でやらなきゃいけないんだ。 安いです。

外貨決済と円貨決済のメリット・デメリットを超シンプルに解説。

決済 円貨

「債権・その他の商品」をクリックし「外国為替」をクリック。 (住信SBIネット銀行には外貨積立っていう自動でのドル買付のサービスもありこれを設定して買うと1ドルにつき0. (1ドルあたり25銭)そのため、レートが変わらなければ、どっちが得になるということはありません。

「円貨決済」手数料2,500円 「外貨決済」手数料200円 その差は2,300円です。

円貨決済と外貨決済ではどちらが費用が安く済むか,試してみました.(SBI証券編)

決済 円貨

外貨決済だと1ドル4銭なので、手数料だけで6分の1です。 今までは投資信託だったので日本円で購入できたのですが、米国ETFとなると円貨決済と外貨決済に分かれます。

18
01円なのですが、ちょっとわかりずらいので、日本円の100万円を米ドルに換えた場合の手数料を考えます(1ドル100円とします)。

SBI証券

決済 円貨

ですが、 日本円から、ドルにする際の手数料(スプレッド)が高いことや、為替の価格決定が翌日の午前10時に決済さにれるので、この間に円安方向に行くと損をした気分になってしまいます。 別にそこまでこだわらない 、米国ETFを購入するタイミングの為替レートでかまわないやって方は、円建てで購入で問題ないと思います。 まとめ 円貨決済と外貨決済の大きな違いは、 手数料とひと手間どちらを取るかだと思います。

2
ドル転の為替レートを自分の好きなタイミングにできる 円高ならば、円の価値が高く、同じ額面の円で買えるドルの数が多くなります。